勝敗予想!MLBの楽しみかた

握ったボール

投手も野手も非常にパワフルでダイナミックな試合が展開されるMLB非常に魅力的なので、テレビ中継だけではなく、実際に現地で観戦することをオススメします。生でMLBの試合を観戦すればレベルの高さに驚くだけではなく、ファンになってしまうでしょう。MLBの醍醐味は現地やテレビでの試合観戦ですが、もっと楽しむなら試合前に勝敗予想をすると良いです。

勝敗を予想したからといって必ず当たるわけではありませんし、的中しても満足感を得られるだけですが、戦力の分析がしっかりとできていれば、精度の高い勝敗予想を行えるようになります。そうすれば、的中することによる満足感だけではなく、強いチームを積極的に応援したり、あえて弱いチームの試合に注目したりなど、勝敗予想を通してMLBを楽しむ幅を広げられます。

また、1試合の勝敗だけではなく、1シーズンの勝敗予想や順位予想などを実践するのも面白いでしょう。精度の高い勝敗予想をしたい場合は、戦力の情報をたくさん集める必要があります。実績のある選手は戦力として考えやすいですが、年齢を考慮しなければなりませんし、有望な若手や新人選手が大活躍する状況も十分にあり得るため、色々なパターンを想像することが大事です。

タッチアウト

MLBの主流は4番打者?最強は2番打者!

2番打者最強説が現在のMLBでは主流になってきています。

代表されるのが、ロサンゼルス・エンゼルスのマイク・トラウト選手と、ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ選手です。トラウト選手は現在二刀流で注目されている大谷選手の同僚で、26歳の若さでMLB現役最高年俸です。走攻守に優れている選手で、シーズンMVPを2度受賞している現役最高の選手と言われています。ジャッジ選手は昨年の新人王とホームランのタイトルを受賞した注目のパワーヒッターです。

その他にも、昨年のワールドシリーズを制覇したアストロズの選手でシーズンMVPを受賞したアルトゥーベ選手や、ナショナルズのハーパー選手などのスター選手たちが、時々2番の打順に置かれます。現ヤンキースで昨年のナショナルリーグのMVP、ホームラン王のスタントン選手もマーリンズで2番の打順がありました。

2番に最強打者を置くことは、より攻撃的な打線になるというメリットがあります。初回から確実に打順がまわり、早くに得点できるチャンスが増えます。早い段階で、相手投手にもプレッシャーを与えることができます。

昔から、スーパースターと言えば4番打者が定番でしたが、現在のMLBではチームの最強打者を2番の打順に置くのが定番化してきています。

スタジアム観戦